興味を持ってもらえる案内会社のパンフレット

会社の内容を紹介して興味を持ってもらうのに、一番手軽で身近なのがパンフレットです。

しかし、案内会社のツールとして、ただ作ればいいわけではありません。


読んでもらう、記憶に残してもらうためには、パンフレットも工夫しないといけません。


どんな点を機を作ればよいでしょうか。
案内会社として、多くの情報を載せたいのはわかりますが、文字ばかり詰め込んでもアピールにはなりません。

文字がぎっしりと詰まったパンフレットでは、人は読みたくなりません。

経済産業省の情報が豊富です。

読みにくく文字の圧迫感で雑然とした印象を与えます。

ですので、絞って文字にもカラーや大小でメリハリをつける必要がります。

すると、読んでいて何の内容なのかが自然と頭で整理されますので、記憶にも残りやすくなります。


また、案内会社として、写真は視覚効果が高いです。アピールしたい設備や技術、さらにはイキイキと働く社員の姿などをとりいれると良いでしょう。



画像は見た人のイメージを膨らますので、より効果的にプラスの印象を与えることができます。

そのため、文字の説明とともに視覚からの情報もあると、より会社の内容に興味を持ちやすくなりますので、うまく配置して作成すると良いでしょう。
このようにパンフレット1つでも、構成や中身で大きく効果が異なってきます。

薄い冊子ではありますが、作り方次第では大きな可能性を秘めているのです。

手に取ってからが勝負ですので、次のページを見てみたいと思わせることがポイントです。

会社案内のパンフレットを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。